婚約指輪っていつからあるの?

結婚指輪のことは知っているけど、婚約指輪のことはよく知らないという男性は結構多い様です。

結婚指輪も婚約指輪も同じだと思っているなんて言う人は意外といます。

男性からしてみれば、結婚の証としての指輪だけに同じと思ってしまうのでしょう。

婚約指輪というのはその名の通り、婚約の証に贈る指輪のことなのですが、この婚約指輪の歴史は意外と長く、古代ローマの時代からあったとされています。

もちろん、今と同じ様な婚約指輪ではなく、その当時は鉄の輪を婚約指輪としていたそうです。

指輪というのは切れ目のない形をしていることから、昔の人も永遠の愛の証として、リングを贈ると考えたのでしょうか?男性は鉄の輪を、女性は男性にカメオを贈ったとも言われています。

鉄の輪だった婚約指輪も時代の流れとともに変わっていきます。

素材には金が使われるようになり、そして装飾として宝石があしらわれる様になっていきます。

彫刻などの加工も施される様になっていき、デザイン性が高まっていきます。

わたしたちがいわゆる婚約指輪として知っているダイヤモンドがあしらわれたデザインは1477年のことだそうです。

ダイヤモンドは宝石の中でも一番固くて強いものであり、ある大使が公女に結婚を申し込む際に、永遠に変わらない愛を、その特徴に重ねて選んで贈ったことが始まりだと言われています。

今では、その風習が残り、永遠に輝くダイヤモンドが婚約指輪の定番になっています。