婚約指輪や結婚指輪の費用

婚約指輪の値段が給料の3ヶ月分という時代は20年前以上、バブル時代より昔です。

婚約指輪は男性から女性に送るものですが、20年以上前は初婚年齢も25歳から28歳、現在のように、男性の初婚年齢が30歳という時代ではないのです。

ですから、「婚約指輪が給料の3ヶ月分じゃない」とショックを受けるような女性なら、優に40代、もしかしたら50代ですから、いまはそういう時代ではないということから説得が必要です。

男性から婚約指輪が贈られると、女性側もお返しが必要で、普通は時計などをお返しに贈ることになります。

婚約指輪や結婚指輪の費用から、結婚式、新婚旅行など、いろいろと思った以上のお金が必要になる時期です。

二人で住む新居や引越費用などや、新しい家具など見逃しがちなお金も掛かるものですから、しっかりとした計画を二人で立てましょう。